手、足がキンキンに冷えてます。お腹も冷たいです。

足がキンキンに冷えてます。お腹も冷たいです。。

 

なんて患者様が最近増えてまいりました。

冷えが全くない方は気にならない記事ですが、冷えがあるの人必読です!!

 

体が冷える。現代病としては便秘と同じくらい多いんじゃないかなって思っています。

本当に増えました。なんなら今年から急に冷えるようになってきた

なんて人もたくさん居ます。

 

でもこれだけ気温が上がってしまった現代ですから仕方ない・・

 

なんて甘いもんじゃないですからね!

 

体が冷えるという事はどういう事なのか?自論を交えてお話していきますね。

まず特徴としては

1、糖質を摂る量が多い 

2、体を燃やす栄養素が不足 

3、水分不足 

4、体の温め方を間違えている 

5、ストレス

1、糖質の量が多いという件

糖質の量が多いということに関しては、このブログでも多く伝えてきましたが、

なぜ体が冷えるのか??

それは血糖値の急上昇、急降下により引き起こされるんです。

いわゆる太るメカニズムでもあるわけで・・正直冷えてる方は肥満の方も多いです。

この時期は冷たいうどんや、そうめんやかき氷にアイスクリーム、糖質がかなり増えます。

冷え性の方にはできるだけ白砂糖を抜く事をして欲しいのですが、無理な方はまず、

糖質から摂る事をやめましょう。

お腹が空いていきなりお米や麺類から食べるのではなく

タンパク質や野菜から食べていき、その5分後くらいにお米を食べるようにすると良いです。

少し我慢は要りますがそれだけでも大分違います。

またどうしても甘いものを食べる時も、食前よりは食後にしてくださいね。

しかし、それだけでは不十分。

 

2、体を燃やす栄養素が不足しているから

ズバリ言うと、タンパク質の不足とミネラル、ビタミンB群の不足です

タンパク質=筋トレのイメージがあるかと思いますが。

タンパク質は体を構成している栄養の中でも水分に次いで多い。

皮膚、血管、神経、筋肉、内臓、骨。ほぼ全部です。

またタンパク質は鉄分とも深い関わりがある為、鉄分が不足している方は

タンパク質を摂る量も少ない。鉄は血液循環で酸素を運搬します。

酸素がないと体は燃えません。代謝も悪くなり、筋肉の動きも悪くなります。

またミネラルについてはエネルギーを生み出す際に大量に必要になるものです。

亜鉛、パントテン酸、鉄、セレン、マグネシウムが必要です。

ミネラルに関しては正直食事で摂るのは効率が悪過ぎるので

サプリメントで摂られる事をお勧めします。

ビタミンB群は糖質やタンパク質からエネルギーを生み出す為に不可欠です。

大量にあるビタミンB群の働きについて詳しく知りたい方は

Googleなどを使って詳しい働きは調べてみてください。

 

夏場は食べれる量も減るし、偏りが出てくるでしょう。

特に糖質に夏場は偏ります。

 

一度冷える体質になってしまうと体を戻すのに時間がかかってしまいます。

この時期をどう過ごすのかはとても大切です。

 

私達は冷えることに対しての怖さをしっかり認識しているからこそ

栄養の指導もしっかり行っていますし施術でもその不調についてアプローチ

していきますのでお困りの方はご相談ください。

なごみ整体院 不妊・子宝整体
bt002
女性特有の悩みにも対応できる女性の悩みに向き合う治療院だから解消できる症状があります。